« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の17件の記事

2007年5月29日 (火)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第8話「コンペイトウ夜話」を観て

第8話「コンペイトウ夜話」の無料配信を観ました。

舞台は臨海学校。(正式には演習実験?)  前回の予告映像から温泉慰安旅行かと思ってました。まあ、後で温泉も出てきたから大差はないか。
今回は各キャラが水着を披露。ただし、やよいはカニの着ぐるみでしたが(笑) やよいの着ぐるみもこの作品の楽しみの一つですね。雪歩はビキニの胸がすごい事になってます。雪歩の胸の前の春香の手つきがエッチ。でも課長まで水着(もっこりビキニ)を披露したのに、春香の水着はおあずけで残念。

そして今回はiDOL誕生の秘密も一部が明かされましたね。あのコアの中に入っているのがインベルの本体との事。予想通り不可思議なテクノロジーでした。(第7話の記事参照) インベルの反応は心によるものなのか、それとも全く別の反応に過ぎないのか?

これは私の持論なのですが、人間の心も結局は脳神経の電気信号と内部分泌物質による化学反応の結果に過ぎず、ロボットの人工頭脳のような物であっても、表面に表れる結果が同じであれば、たとえ過程が違っていたとしても、それを心と認めても良いのではないかと思います。(機械の心については、過去にマップス勇者警察ジェイデッカーで色々考えさせられました。)

他人の心は自分の主観によって感じるしかない以上、春香がインベルに心を感じるのであれば、それは決して間違いではないと思うのです。(たとえそれが心とは呼べないものであったとしても。)
それにしても、女性にしか反応しないとは…。

終盤は春香とインベルの夜のデート。ますますiDOLバカ一直線! 春香ってば、この時のために水着姿を取っておいたんですね。再塗装したインベルとおそろいのピンク! インベルもちゃっかり録画して、やっぱりむっつりスケベ? もはやお互いにバカップルです。
インベルの胸の塗装は今後もピンクのまま? OPの絵はどうするんだろう?

 
(6/2:春香の水着フィギュア広告を記事の参考として追加)
(6/30:雪歩の水着フィギュア広告を記事の参考として追加)

最新話の1週間無料配信は下記のサイトからどうぞ。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

ところで、もうすぐオリジナルドラマ VOL.1「十六夜寮の1週間」が発売されるようですが、どんな内容になるか楽しみです。 個人的にはお笑い系を希望。

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
アイドルマスター XENOGLOSSIA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ゼロの使い魔 (11) 追憶の二重奏 を読んで

ゼロの使い魔 (11) 追憶の二重奏 を読みました。
今回の内容はこれまでの物語とこれからの展開について、人間関係の整理といった内容でしたね。
未読の方にこの巻の紹介をすると下記のようになります。

ルイズ母の意外な過去が判明!
家族の愛(&恐怖)がルイズと才人を襲います。
巨乳ハーフエルフのティファニアも再登場!
才人の使命と望郷の相反する心に決着が?
タバサのヒロイン度が更にアップ!
読み処満載です。

以降はネタバレを含みますので、未読の方はご注意下さい。

まず前半は、ルイズ母の意外な過去(先代のマンティコア隊隊長で『烈風カリン』として恐れられていた)と、恐怖のおしおき出陣にびっくりです。再会前、母に恐怖するルイズの様子はまるで暴走車のトラウマをかかえた ちよちゃん(あずまんが大王)のようで笑えた。それにしても、おしおきの魔法に対抗して虚無を使うのはもったいない。でも、虚無を実際に見せないと両親への説明も難しいので、物語の展開上必要?
ラ・ヴァリエール家の人々のルイズへの家族愛にはホロリです。

規律に厳しいルイズ母、傲慢な長女エレオノール、慈愛の次女カトレアと、ルイズの他にラ・ヴァリエール家には3人の女性がいますが、ルイズは成長するとどのタイプになるのかな?物語序盤のイメージならエレオノール?いやいや、ルイズは成長しても釘宮声の似合う現在のツンデレ小悪魔以外は考えられない!
今回の悩殺コスチュームはベビードール。才人的には路線を間違えてる?才人にスルーされ、注目をシエスタに持って行かれるあたりが哀愁を誘います。がんばれルイズ!(個人的には以前のネコミミがツボです。)

後半に入って巨乳ハーフエルフのティファニアが再登場!意外にもフーケとは親しい間柄だったんですね。こうなるとフーケにも味方について欲しいものですが…。
タイトルにある追憶の二重奏とは才人の中にある、使い魔としての使命感と故郷に帰りたい望郷の想いという、相反する二つの心の事でした。予想以上に深いところで才人は使い魔の契約に影響を受けていた様子。
ただ、ティファニアの虚無で使い魔としての使命感を消してもらったものの、使命感自体は行動のきっかけに過ぎなかったようですね。たとえ使命感が無かったとしても、困っている人(特に女の子)を見過ごせないのが才人ですから。

恋愛模様については、王女アンリエッタが恋愛戦線離脱、ハーフエルフのティファニアが表舞台に登場(ただし恋愛は未確定)、タバサが才人へ急接近(恋愛感は不明)と色々ありました。特にタバサの今後については注目。どんどんヒロイン度を上げていってます。才人との関係を再認識したルイズですが、今回あまり出番がなかったシエスタも含めライバルは多いぞ。

次巻から再び物語が大きく動き出すと予想。続きが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月26日 (土)

ドリームハンター麗夢は今も私の夢の中に…

先日、予約注文していたドリームハンター麗夢DVD-BOX2が届きました。以前購入したDVD-BOX1と合わせてこれでコンプリートです。(出費は大きかったですが…。)
私は声優の松井 菜桜子さんが演じた代表キャラというと真っ先にこの作品の綾小路 麗夢を連想しますね。初めて観た第1作目で、主人公の麗夢がドロドロに溶けて白骨化したのを見た時には衝撃を受けたものです。死神博士の猟奇殺人も当時のアニメでは斬新でした。このシリーズはOVA創世記の秀作の一つだと思います。

ドリームハンター麗夢を知らない若い方は下記のサイトを参照して下さい。
ドリームハンター麗夢 - Wikipedia

DVD-BOX1に収録の作品が発売された当時、家にはまだビデオデッキが無く、友達がレンタルで借りてきたビデオを見せてもらったものです。(数年後に1作目以外をLDで購入)DVD-BOX2に収録の作品はLDで購入したのですが、今はDVDの時代。(もうすぐ次世代メディアの時代?)全作品をBOXで買い直しました。

DVD-BOXの絵をキャラデザの毛利 和昭 氏が作画。各クリエイターが内部パッケージの絵を個性的に描いています。毛利 氏以外で私の好みはBOX1では木村 貴宏 氏の麗夢、BOX2ではブックレット表紙の佐藤多恵子さんの麗夢ですね。
DVD-BOX2ではアニメ2作の他に過去のCDドラマ(特にROMが好き)、イラストビデオ(台詞の音声無しが残念)、大塚あきら作の漫画(商業誌掲載)が付属していました。
大塚さんは当時私が入会していたファンクラブ「プロジェクト麗夢」にも所属していて、その時にはファンクラブで制作した便箋のカット絵を描かれていました。その便箋が引き出しの奥から発見できましたので、絵をスキャンして下に掲載しておきます。(今となっては貴重かも?)

Rem1  Rem2

ドリームハンター麗夢は今も私の夢の中にいます。
続編を希望!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

池中玄太80キロの歌を懐かしむ

池中玄太80キロというTVドラマを覚えていますか?
西田敏行が演じる主人公の池中玄太が、未亡人の女性と結婚するも、彼女は間もなく死去。彼女の連れ子である3人姉妹と徐々に本当の親子としての絆を深めていくという話だったと思います。(多少、記憶があいまい)

詳しくは下記のサイトを参照。
池中玄太80キロ - Wikipedia

そのTVドラマで主題歌と挿入歌だったのが、主演の西田敏行が歌った「もしもピアノが弾けたなら」と、3人姉妹の長女を演じた杉田かおるが歌った「鳥の詩」(美少女ゲームAIRの歌とは関係ないよ)です。ドラマの影響で、どちらも放送当時すごく好きな歌でした。「もしもピアノが弾けたなら」は私の数少ないカラオケのレパートリーです。

最近また聴きたくなり、インターネットオークションでCDを探して購入しました。iPodに入れて鑑賞し、当時を懐かしく思い出しています。

もしもピアノが弾けたなら
if i could play the piano

(2007/11/08:ムービー追加)

鳥の詩 ToriNoUta
(2007/11/08:ムービーへのリンク追加)

※残念ながらYouTubeの検索では杉田かおる版は見つかりませんでした。
AIRの鳥の詩(アニメOP)については下記の記事を参照して下さい。
CLANNAD記念! Key+京都アニメーション OP&ED特集!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

「やわらか戦車プラグイン」を追加

ブログパーツに「やわらか戦車プラグイン」を追加しました。
マウスでいろいろなつつき方を試してみると、それに合わせたリアクションをとってくれます。
(今のところ私が確認したのは腐と猫の二つ)

他のブログパーツも、「ぷかぷかレイちゃん」はレイにカーソルを合わせると名台詞を表示します。「UNIVERSAL CENTURY HISTORY」はページを移動する度に背景のモビルスーツ(約30種)が変わります。「うさるさんの占い日和」は各星座の運勢によって絵が変わります。

ぜひ遊んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美少女アニメ sola 第4話「ネガイフタリ」を観て

ネット配信で sola 第4話「ネガイフタリ」を観ました。

今回は特に事件らしき事は起きず、蒼乃こよりの交流が丁寧に描かれていましたね。
2人の出会いの回想シーンの挿入は少し唐突に感じた(同じ夜だったので、こよりの自己紹介までは回想シーンだと気がつかなかった)のですが、一見何を考えているか分からない蒼乃の心情を読み解こうと、こよりと一緒になって考えてしまいました。(蒼乃の心情が理解できる依人はすごい!)
退院する事を蒼乃に言い出せずに悩むこよりを見ていると、普段は大人びた敬語で話す彼女も、やっぱり年相応の女の子なんだと実感しました。妹萌!
退院の挨拶に来たこよりを微笑で見つめる蒼乃さんがステキです。普段は無表情(それもまた良し)なだけに、たまに見せる笑顔は宝石のように貴重ですね。

ところで今回のぬいぐるみ。あそこが唇でなかったら一体何だというのだろう?

OP曲「colorless wind」とED曲「mellow melody」は毎話回を重ねて聴くごとに、心の中に浸透してきました。今度アニメイトに行ったらCDを購入しようと思います。

 

最新話の1週間無料配信は下記のサイトです。
毎週木曜日am10:00更新。
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_sola.html

第1話の無料配信は下記のサイトでどうぞ。
http://www.nifty.com/b-ch/cs/title/detail/839/1.htm
http://douga.nifty.com/cs/pack/title/20430839/1.htm

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
美少女アニメ sola

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第7話「ただいま。おかえり。」を観て

第7話「ただいま。おかえり。」の無料配信を観ました。

OP前のアバンに流れた前回のピンチ場面から一転して、本編はいきなりインベル収容後から始まりました。救出の様子が回想なのはよくあるパターン?
整備班の混乱ぶりから、インベルの深刻なダメージが窺えます。神経接続とか、コアを優先とか言ってましたが、そのコアの中にインベルの頭脳にあたる物が入っているという事でしょうか? iDolとは一体どのような経緯で建造されたのか興味があります。一部は制御不能のオーバーテクノロジー?(エヴァやファフナーみたいですね)

春香はというと、ベッドの上で意識不明。トレードマークのリボンも外され、痛々しかったですね。春香を心配してかけつける雪歩、病室前でうろうろする伊織、特に気にかける様子を見せない真と、三者三様の対比がうまく出ていました。
意識が戻った後、ボロボロのインベルの前で大泣きしたり、落ち込んだり、修理後の起動テストに失敗したりと、今回の春香は散々ですね。悪夢の中で春香を残して去っていく両親や、「嫌われたら」の台詞等から、春香が両親の事で何かトラウマを抱えていることがわかります。このへんの事情はいずれ明かされるのでしょうか?

インベルに嫌われたと思い、悩んだあげくに故郷へと戻ってきた春香。それでも家へは帰れずに草むらに座り込んでいると、いつの間にか後ろにインベルが!(インベルへの伊織の叱責が効いたのか?)
ここで「悠久の旅人~Dear boy」の音楽が流れ、EDへ入るあたりは心情的に構成がうまいと思いました。今回の話はED曲のイメージとピッタリ来ます。

それにしても、伊織に操縦席の中から叱責されたインベルは、そのまま伊織を乗せて飛んできたのか? 伊織は林の中から見ていたので、到着後すぐにインベルから降りて林に駆け込んだの? そう解釈して想像するとなんか笑えます。

次回は温泉話? 今回は暗い内容だったので、すかっと明るいギャグ系の話を期待します。(お色気あり?) 気分を変えるための温泉話は日本アニメの伝統ですね。

最新話の1週間無料配信は下記のサイトからどうぞ。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
アイドルマスター XENOGLOSSIA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

竹本泉先生の新刊「てけてけマイハート第6巻」を購入

竹本泉先生の新刊「てけてけマイハート 第6巻」を購入しました。
(同時に「よみきりものの…わらいの園々」も購入)
家の近所の本屋では竹本先生の漫画は発売時(入荷時)に購入しないと入手が困難になるので、見つけた時はすぐにゲットする事にしています。

竹本先生の漫画にしては珍しく主人公の のぞみ は既婚者で、この第6巻で30歳になりました。見た目はちんまり中学生、中身はグータラ大酒飲み。
これまでの巻では、かつての後輩で現在は中学校教師の しげる との再会(補導未遂)・交際?・結婚・夫婦生活?と話が続いてきました。この巻でもグータラな主婦生活の中で30歳になりショックを受ける姿が描かれています。結婚した時点でこの漫画は終わると思っていたのですが、まさか結婚後もここまで続くとは意外でした。一体、どこまで続くのか楽しみです。

この「てけてけマイハート」は竹本漫画の中ではけっこうお気に入りの部類に入ります。竹本先生の漫画は なかよし のデビュー時代から読んでいるのですが、他には「あおいちゃんパニック!」、「魔法使いさんおしずかに!」、「しましま曜日」、「ねこめ~わく」なんかがお気に入りですね。

独特の作風(主人公の性格がアレ、または変な話が多い)なので好みが分かれると思いますが、一度この作風にはまると、どの竹本漫画でも安心して読めるようになります。
ただし私はセクシー系?の主人公はちょっと苦手ですが。
(てけてけ の のぞみ は外見と性格がアレなのでOK)
全く別の漫画でも時代背景や設定が同一という物も多くあり、その共通性も楽しみの一つですね。
古典SF風の設定や魔法物にも味があります。

今後は「ねこめ~わく」の次巻を楽しみに待っています。
それでは、うじゃうじゃ(竹本風に)

参考サイト:Wikipedia 竹本泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

美少女アニメ sola の無料配信

やっと sola の無料配信を観ました。
私の住んでいる地域ではテレビ放送していないので、インターネットで無料で観れるのはありがたいですね。
しかも5/24までは第1話~3話まで無料!
(その後は最新話のみ無料)
もうすぐ期限なので、まだの方は急いで観ましょう。

作品の雰囲気はなんとなく美少女ゲーム原作みたいな感じ。
普通のラブコメ美少女アニメかと思ったら、
夜禍人って何?人間じゃない(ヴァンパイヤ)?
サスペンスファンタジー物だったんですね。
茉莉の「私と一緒にいたら、君はいつか私を憎むようになるから。」という台詞が気になります。
蒼乃の病状も何かの伏線?
タイトルのsola(空)のイメージ通り爽やかな作品ですが、「運命に翻弄される少女達の物語」というキャッチコピー通り、だんだんシリアスになっていくのかな?

声優も豪華です。
森宮依人:岡本信彦/四方茉莉:能登麻美子/森宮蒼乃:中原麻衣/石月真名:本多陽子/石月こより:清水 愛/神河繭子:金田朋子/辻堂剛史:藤原啓治
ヒロインの茉莉は天然+ミステリアスで、能登麻美子のウィスパーボイスに癒されます。
主人公の姉の蒼乃は無口無表情という、今までの中原麻衣の元気少女のイメージと違って新鮮です。

それにしても、この作品には変な食品が多数出てきますね。
自販機のトマトしるこ、コンビニのフォアグラおにぎり、アボカドカップラーメン。
これからも色々出てくるのかな?

現時点で第3話まで視聴しましたが、やっと各キャラクターの紹介と初期配置が終わったところで、今後のストーリーが楽しみです。

最新話の1週間無料配信は下記のサイトです。
毎週木曜日更新。(5/24 am10:00まで第1話~3話無料)
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_sola.html

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
美少女アニメ sola

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第6話「高度二万米」の脳内変換

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第6話「高度二万米」のあらすじを脳内変換してみました。
春香がやよいに内情をごまかして電話していたように、インベルを人間の男の子とみたてて考えると面白いです。

雪歩をマネージャー(オペレーター)としてむかえ入れ、パートナー(iDOL)のインベルとも徐々に息が合ってきて絶好調の春香。
相変わらずぶっきらぼうのインベルでしたが、一緒に活動しているうちに次第に彼を意識していきます。
今日もちょっぴり色気づいてかわいい下着をはいてみたものの、実習では作業服着用でがっくり。

そんな中、インベルと一緒に校外活動(隕石除去)に出た春香でしたが、ゴスロリ少女リファの妨害で雪歩達と連絡が取れなくなり孤立。
突如、インベルの前の彼女(アイドルマスター)である千早が男友達(iDOL)のヌービアムを連れて襲いかかってきました。
千早の目的は、現在のインベルの彼女(アイドルマスター)である春香を叩き潰し、インベルとヨリを戻す事でした。
インベルとの絆を信じてがんばる春香でしたが、圧倒的な実力差にインベル共々ボコボコにされてしまいます。(インベルもボコるんか?)
ケガをして意識を失った春香に、容赦なくとどめを刺そうとする千早。
春香の運命は如何に!?
つづく。

…ってな感じで、いい所で次回に続く訳ですが、脳内変換が妙にしっくりきますね。
次の話も楽しみです。

最新話の1週間無料配信は下記のサイトです。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
アイドルマスター XENOGLOSSIA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

いぬかみっ! 14 完結編(下)を読んで

いぬかみっ! 14 完結編(下)が発売されました。いよいよこの巻で完結です。上巻がいい所で引いたまま終わり気になっていたため、私は土曜の夜に徹夜で一気に読んでしまいました。ページ数が今までで最高の分厚さです。
神々の試練に立ち向かうため、今までに登場した啓太に縁の者達(ヘンタイ・モノノケ含む)が彼の下に集結します。特に、格闘家なでしこ、セクシーともはね、策士カオル(妹の方)が大活躍!目指せみんなで温泉旅行!

以下はネタバレを含みますので、未読の方はご注意下さい。

なでしこ」について。
自分を犠牲にしてまでも、みんなのために神々の試練(ライター10回連続着火)に孤軍奮闘する姿が健気でした。失敗して絶望する姿が痛々しかったですが、それだけに後半の仲間と共に協力して闘う喜びを知った彼女に、読んでいるこちらまで嬉しくなりました。それにしても策士としてのイメージが定着していたので、格闘戦をする描写は新鮮でした。彼女は薫の側で微笑む姿が一番しっくりきます。いつまでも薫とお幸せに。

ともはね」について。
10巻の一時的に成長した話や、上巻の薬作りの話が複線になっているとは意外でした。ナイスバディになった彼女のイラストが無いのが残念。今回は啓太やカオルを背に乗せてがんばります。でも、大きくなっても中身はお子様。将来は犬神最強かもしれませんが、私はかわいい妹分の彼女が一番のお気に入りです。あんそろじ〜の書き下ろしに出てきた後輩のにいらみも登場し、ifの物語との関係が気になります。

カオル」について。
今回、一番意外な成長を見せたのが彼女でした。策士カオル爆誕!啓太を優しいと言いつつも甘いと評価する判断力。神を翻弄するその知略と度胸。兄のスタイルに似た犬神の指揮能力。ともはねと並ぶ成長株です。薫の犬神みんなが彼女を認めて集結したシーンは感動物です。カオルとともはねがコンビを組んだ物語を読んでみたいものです。

ようこ」について。
なでしこの命を救うため、自ら代償の担保として名乗りを上げた彼女。上巻の友達発言に続き、いいところを持って行きますね。第1巻の頃と比べてなんと成長したことか。ただし人質となって閉じこめられたため、中盤の出番が無かったのは残念でした。それでも最後は啓太といい雰囲気で良かったですね。

啓太」について。
いままでの物語で築いてきた信頼関係がここに集約されます。白山名君(カエル)との再会も嬉しいエピソードです。啓太はあまりに懐が大きすぎてすごいキャラクターですね。人(ヘンタイ含む)もモノノケも関係なく縁をつなぎ、それを力としています。犬神使いを使う"犬神使い"の戦いは圧巻。もしもこのアクションシーンをアニメ化するとしたらかなり大変でしょうね。

<総括>
全ての仲間が、たとえ小さくても自分の全力を出して協力する姿に感動です。猫の留吉の決意と努力が仮名さんの窮地を救い、それをスタートとしてドミノ倒しのように逆転劇がつながっていく構成はすごいですね。
いぬかみっ!の物語はこれで完結な訳ですが、何故か終わった気がしません。これからも同じような日常が繰り返されていくのでしょうね。番外編として短編集を出してくれないかな?まだまだ続きが読みたいですが、次回作も楽しみです。
ところで、薫(兄)の本名って結局何?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

ブログパーツで遊ぼう!

現時点で、このブログには下記の3つのブログパーツを貼り付けてあります。

  • ぷかぷかレイちゃんブログアクセサリー
  • UNIVERSAL CENTURY HISTORY
  • うさるさんの占い日和

「ぷかぷかレイちゃん」はカーソルをレイに合わせるとエヴァの名台詞がランダムで表示されます。

「UNIVERSAL CENTURY HISTORY」は、今月今日の宇宙世紀の出来事が描かれていますが、背景のモビルスーツは再表示の度に変わります。

「うさるさんの占い日和」のキャラは、うさぎ+さる=うさる だそうで、毎日の運勢によってコメントが変わるそうです。自分の星座に切り替えて楽しんで下さい。

おもしろくて、ついつい遊んでしまいます。

ブログパーツではないので余談になりますが、一番上のタイトルイラストの眼鏡の女の子(現時点で使用している ささきむつみテンプレート)は再表示させるとランダムで眼鏡をはずしてくれます。嬉しいオマケ機能ですね。春だけでなく各四季のバージョンが欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月10日 (木)

トラックバックについて考える

私は最近になってやっとブログを始めたのですが、設定で聞き慣れない項目が幾つかあり、悩んでしまいました。
その一つがトラックバックです。
いろいろなヘルプページを読んで漠然とは理解できたものの、まだどのように活用したら良いのか悩んでいるところです。

最初は私のブログへのトラックバックは無制限に受け付ける設定にしていたのですが、内容に関係のないスパムのようなトラックバックが届くため、自分で承認したものだけを掲載する設定に変更しました。(スパムの数が少ないうちは自動受け付けの後に削除に変更。)

メールの場合は利用するようになってから長いため、自分流のルールが出来ているのですが、トラックバックの場合は良くわかりません。
そんな中、トラックバックについて自己のポリシーをわかりやすく掲載して下さっているブログを見つけましたので、私も今後の参考にしたいと思います。

参考ブログ
StarChartLogのトラックバック・ポリシー

参考サイト
ブログ虎の穴

私から他へのトラックバックについてはもう少し考えてみたいと思いますが、もしも私のブログへトラックバックを送って下さる方がいた場合の事を考え、ある程度の基準を設定しておこうと思います。

  • トラックバックをいただいても、相手のブログを確認してから手動で承認の設定をするため、送ってすぐにはブログ内に反映されませんのでご了承下さい。
  • 上記補足。スパムのトラックバックの数が少ないうちは自動で受け付け、後から受け入れるかどうかの判断をする方針に変更しました。
  • トラックバックの承認については、それぞれ個別の判断になりますが、AniMac Blog内の記事と趣旨が大きく異ならない限り、おおむね受け入れる予定です。
  • 相手のブログに当方へのリンクが無い場合でも、掲載内容が気に入った場合はトラックバックを受け入れ、こちらからもトラックバックを送る場合があります。
  • 当方の不利益、またはイメージを損なうと判断したトラックバックは削除します。
  • トラックバックが二重に届いた場合はミスやエラーと判断して後の方を削除しますので、連絡は不要です。

とりあえずこの程度を決めてみました。
後は徐々に慣れて詳細を定めていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)の無料配信

アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)がおもしろいです。

私の住んでいる地域ではテレビ放送されていないのですが、@niftyのアニメサイトで最新話の無料配信と過去放送の有料配信があったので、GWの休みを利用して第1話から第4話までをまとめて見たところ、すっかりはまってしまいました。

ゲーム版のアイドル育成ゲームは内容をあまり知らなく、がらりと変わってロボット物となった別設定のアニメ版は予備知識がほとんど無い状態で見たので、先入観無くストーリーに引き込まれていきました。
アニメ雑誌で主役ロボのインベルを含むiDOL(アイドル=隕石除去人型重機)の設定画を見た時には、まさかあのようによく動くとは思わず、予想外でしたね。
それにしても、ロボットなのにインベルってむっつりスケベ?

OP主題歌の「微熱S.O.S!!」は、OPの最初のフレーズを聴いただけで気に入ったので、すぐにアニメイトで購入してしまいました。
OPはコミカルさ(ペンギンが…)を交えつつも、インベルがスピード感あふれるアクションで描かれていて良かったですね。
OPには将来の伏線も入っているのかな?
春香と雪歩に別々のiDOLの眼が重なっているのが気になります。

@niftyでの無料配信の更新は毎週月曜日なので、今後の配信が楽しみです。(現時点で第5話までの配信を視聴済)
配信サイトは下記です。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
アイドルマスター XENOGLOSSIA

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

やっと記事を掲載

立ち上げたまま長らく放置しておいたブログにやっと記事を掲載出来ました。
記事の主要テーマがアニメ系なので、コンセプトに近いブログテンプレート(ささきむつみ版)と綾波レイのブログパーツに出会えたのはラッキーでした。(テンプレートの女の子がかわいいので春バージョンだけでなく各四季のバージョンも欲しいですね。)
RSSやトラックバックなど、オプション項目によくわからない単語が記載されていて、ページデザインの設定では悩みました。
これから少しずつ理解したり活用したりしてレイアウトを整えていきたいと思います。
メインの親サイトがリニューアル中のまま更新が止まっていますが、ブログの方は定期的に記事を掲載していきたいですね。
三日坊主にならないように気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながされて藍蘭島 初回限定特装版フィギュア すず・まち・あやね・メイメイ

ながされて藍蘭島 初回限定特装版フィギュアの写真を公開します。
フィギュア付は第5巻の まち から集め始めたのですが、第3巻の すず は買い逃してずっと悔やんでいました。
ですが、やっと最近になってインターネットオークションにて、すず を入手できました。
これを機会に、藍蘭島ガールズ4人 すず・まち・あやね・メイメイ を一挙に紹介します。

Airant

すず&とんかつ
後発と比べると肌の彩色の質感等が多少落ちますが、さすがはメインヒロイン、造形自体は生き生きとした、いい表情をしています。
(コミック第3巻初回限定特装版フィギュア)

Airant_suzu1 Airant_suzu2

まち&ごっちらの&てるてるまっちょ&一式?
このお気に入りキャラのフィギュアの出来の良さに、藍蘭島フィギュアにすっかりはまってしまいました。ほけーとした表情が愛らしいです。
(コミック第5巻初回限定特装版フィギュア)

Airant_machi1 Airant_machi2

あやね&でんでんだいこん&もんじろー
藍蘭島ガールズの中では、この巫女姉妹は特にお気に入りです。笑顔の裏で でんでんだいこん を足蹴にする仕草に彼女らしさを感じます。
(コミック第8巻初回限定特装版フィギュア)

Airant_ayane1 Airant_ayane2

梅梅(メイメイ)&遠野さん
表情がやわらかく、チャイナ服の下からすらりと伸びた足が綺麗です。その足にしがみつく相棒の遠野さんもラブリー。
(コミック第10巻初回限定特装版フィギュア)

Airant_meimei1 Airant_meimei2

新入りのメイメイが先にフィギュア化され、次のフィギュアが誰になるのか予想が難しくなりました。
順番からいけばそろそろ、りん&とげ太&いた一 だと思うのですが、人気でいえば、しのぶ&びふてき でもおかしくありません。
他には、ちかげ&ぱな子さんゆきの&くまくまみちる&小雪
もっとフィギュア化のペースを上げないと漫画連載の終了までに主要ヒロインを出し切れないかもしれませんね。
どちらにせよ、次のフィギュアが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

V.I.P/ToHeart2 柚原 このみ(いとうのいぢ版 グッドスマイルカンパニー製)

インターネットオークションで入手したフィギュアの写真を公開します。
いとうのいぢ先生のイラストから生まれた"ToHeart2 柚原 このみ"です。
グッドスマイルカンパニー製V.I.P/ToHeart2 (いとうのいぢ版)

Th2_konomi1 Th2_konomi2

のいぢっぽさが表れた非常に可愛らしい表情で、
ふわりとまくれたスカートから白いパンツが丸見えです。
「メロメロであります!」

Th2_konomi5

Th2_konomi6 

スカートは別パーツなので、下半身をパンツ一丁にできます。
おしりのラインがかわいいですね。

Th2_konomi3 Th2_konomi4

こんな事をしているとタマ姉から怒られそうです。
「アイアンクロー!」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »