« 竹本泉先生の新刊「てけてけマイハート第6巻」を購入 | トップページ | 美少女アニメ sola 第4話「ネガイフタリ」を観て »

2007年5月22日 (火)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第7話「ただいま。おかえり。」を観て

第7話「ただいま。おかえり。」の無料配信を観ました。

OP前のアバンに流れた前回のピンチ場面から一転して、本編はいきなりインベル収容後から始まりました。救出の様子が回想なのはよくあるパターン?
整備班の混乱ぶりから、インベルの深刻なダメージが窺えます。神経接続とか、コアを優先とか言ってましたが、そのコアの中にインベルの頭脳にあたる物が入っているという事でしょうか? iDolとは一体どのような経緯で建造されたのか興味があります。一部は制御不能のオーバーテクノロジー?(エヴァやファフナーみたいですね)

春香はというと、ベッドの上で意識不明。トレードマークのリボンも外され、痛々しかったですね。春香を心配してかけつける雪歩、病室前でうろうろする伊織、特に気にかける様子を見せない真と、三者三様の対比がうまく出ていました。
意識が戻った後、ボロボロのインベルの前で大泣きしたり、落ち込んだり、修理後の起動テストに失敗したりと、今回の春香は散々ですね。悪夢の中で春香を残して去っていく両親や、「嫌われたら」の台詞等から、春香が両親の事で何かトラウマを抱えていることがわかります。このへんの事情はいずれ明かされるのでしょうか?

インベルに嫌われたと思い、悩んだあげくに故郷へと戻ってきた春香。それでも家へは帰れずに草むらに座り込んでいると、いつの間にか後ろにインベルが!(インベルへの伊織の叱責が効いたのか?)
ここで「悠久の旅人~Dear boy」の音楽が流れ、EDへ入るあたりは心情的に構成がうまいと思いました。今回の話はED曲のイメージとピッタリ来ます。

それにしても、伊織に操縦席の中から叱責されたインベルは、そのまま伊織を乗せて飛んできたのか? 伊織は林の中から見ていたので、到着後すぐにインベルから降りて林に駆け込んだの? そう解釈して想像するとなんか笑えます。

次回は温泉話? 今回は暗い内容だったので、すかっと明るいギャグ系の話を期待します。(お色気あり?) 気分を変えるための温泉話は日本アニメの伝統ですね。

最新話の1週間無料配信は下記のサイトからどうぞ。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

関連記事を下記のカテゴリーにまとめました。(6/25)
アイドルマスター XENOGLOSSIA

|

« 竹本泉先生の新刊「てけてけマイハート第6巻」を購入 | トップページ | 美少女アニメ sola 第4話「ネガイフタリ」を観て »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ:アイドルマスター XENOGLOSSIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/15163116

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスター XENOGLOSSIA 第7話「ただいま。おかえり。」を観て:

« 竹本泉先生の新刊「てけてけマイハート第6巻」を購入 | トップページ | 美少女アニメ sola 第4話「ネガイフタリ」を観て »