« 「エヴァンゲリオン新劇場版:序」感想:怒濤のヤシマ作戦! | トップページ | Apple iPod 2007年モデルの紹介ムービー特集! »

2007年9月 8日 (土)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話「鍵とバット」を観て

第22話 「鍵とバット」のネット配信を観ました。

朔の指示でいきなりアイドルチームの基地が武装占拠。
朔は課長を警戒していたんですね。やっぱりジョセフ・真月はただの昼行灯ではなく、切れ味を隠していたカミソリだった模様。まるでパトレイバーの後藤隊長のようです。
あずさは朔側のような言動ですが、このまま課長と対立するのか、それとも独自に行動するのか? 今後の注目株です。

千早はインベルに固執しすぎですね。インベルをさわっただけの雪歩を突き飛ばすのは可哀想です。友達を裏切ってまで手に入れた立場がこんなんで、今のままでいいのか雪歩! インベルも何で千早に従っているのか、理解に苦しみます。昔惚れた弱みってやつ?

アイドルチームの職員は配置転換の職場で実力を発揮。今までは目立たなかったけど、みなさんすごく優秀な人材だったんですね。でも今の状況には釈然としない気分。そこへ課長からのアプローチ。いよいよ動くんですね、課長。

春香は伊織から叱咤激励!
「バカリボンがリボンしなかったら、ただのバカでしょ!」
怒った春香に叩かれた伊織が、これでチャラだと言う所はカッコ良かったですね。これできっと春香も立ち直るでしょう。先週のプリン食えよ。

課長が趣味と実益を兼ねてアルバイトしていた喫茶店にメンバー集合。やっとOPの謎が解けましたね。少人数で密談かと思ったら、実はアイドルチーム全員集合なのでした。でも春香は? と思っていたら、バカリボンに復活した春香が遅れて登場! たとえ困難な状況でも、みんなが心を一つにするのって、見ていて気持ちがいいですね。

基地内部にいる双海姉妹と安原先生への連絡にはやよいのラジオを利用。ナイスアイディアですね。これなら朔がやよいのファンでも無い限り気づかれないでしょう。想像するとキモっ。でも春香はなんで真美がやよいのラジオをよく聴いているって知っていたんでしょうか? カラ元気の後はずっと引き籠もりで、そんな心の余裕は無かったと思うのですが…。

安原先生は見張りを金属バットで撲殺(死んでないって…)。かまえたバットがエスカリボルグに見えてしまいます。
「基本はセンター返し。」
コワっ。この人だけは敵にしたくないですね。OPの謎がここでも解けました。あの伏線でこうきたか…。

裏口の鍵を開けてもらうと、そこではお着替えのパラダイス。…と思ったら、ある意味信用されてない男性陣は縛られて目隠し状態。情けない大道くんに、健気な課長。お笑いが増えてくると安心して観ていられます。

課長は強すぎ。ボクサーのように敵をバッタバッタ。静かなる中条(ジャイアントロボ)を連想させる強さです。
大道くんは弱すぎ。でも言葉通り盾にはなってくれました。他部署では優秀でモテモテなのにね。哀れです。

朔があっさり撤退したのは、次の手があるから? 不気味です。
5体のアイドルがキーとなってアウリンを開放すると何が起こるのか? 災いとは?
リファを連れ出したのは誰なのか? もしかしてあずさ?
次はいよいよモンデンキントJPアイドルチームとトゥリアビータの対決か?
「待っててね、インベル。」
春香はどうやってインベルを取り戻すのでしょう? 次回が楽しみです。

前回のプリンについての投票は、現時点では圧倒的にカスタードプリンが第1位。私はスーパーのプッチンプリンが好きですね。

今回のお題はバットについて。バットを有効に使っていると思うアニメは?
(注:投票は1回だけしかできません。投票後はこのページをリロードする度に最新の集計結果が表示されます。)

バット関連のオマケムービー
撲殺天使ひぐらしちゃん

最新話の1週間無料配信は下記のサイトからどうぞ。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

過去の関連記事は下記のカテゴリーからまとめて閲覧できます。
アイドルマスター XENOGLOSSIA

|

« 「エヴァンゲリオン新劇場版:序」感想:怒濤のヤシマ作戦! | トップページ | Apple iPod 2007年モデルの紹介ムービー特集! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ:アイドルマスター XENOGLOSSIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/16330673

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話「鍵とバット」を観て:

» レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第22話「鍵とバット」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 13 / 萌え評価 12 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 20 / お色気評価 11 / 総合評価 13レビュー数 111 件 春香……です、おさわがせしました。 やっぱり、予告はわたしのものです……。 だからちょっとがんばります。 うん、伊織ちゃんの平手は痛いです(本気でぶつんだもん)。 でも、このほっぺの熱さは、伊織ちゃんの真心の熱さだと信じます(でも、いつかやり返しますよ。おー!)。 伊織ちゃん、ありがと。 女は平手と平... [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 23時15分

« 「エヴァンゲリオン新劇場版:序」感想:怒濤のヤシマ作戦! | トップページ | Apple iPod 2007年モデルの紹介ムービー特集! »