« 懐かしのアニメヒロイン:電子の妖精ホシノ・ルリ | トップページ | 『らき☆すた』萌MADアニメ特集!お笑いからちょいエロまで!? »

2007年9月13日 (木)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第23話「RUN!」を観て

第23話 「RUN!」のネット配信を観ました。

冒頭では謎の一端が明らかに。アウリンは月の代わりに重力バランスを維持しており、全てのアイドルが集まるとそのバランスに影響を与えてしまうかも? 地球存亡に関わるとあっては、今後の行動に課長も迷いますね。

千早はインベルを手に入れて浮かれまくっていますね。雪歩に花をあげたりして、いつものクールさが別人のようです。こういう時は痛い目をみるのがお約束。

雪歩は春香に対する覚悟を決めたようです。
「殺します…、千早さんのために。」
コワッ。でも本当にできるの? どう考えても千早から得たものよりも、春香から得たものの方が大きいように思うんですけど。千早より先に春香と出会っていたら違う運命だったんでしょうか?

OPでエピメテウス軍団を破壊するインベルの新兵器はトゥリアビータに付けられた物だったんですね。凄まじい破壊力です。都市の3km四方が壊滅しちゃいましたよ。地面に打ち込む際には「ディバイディングドライバー!」と叫んでしまいそうです。

真はあずさと暮らしたマンションを前にためらいがち。いまだに真の心を占めているのは良くも悪くもあずさなんですね。伊織に言った言葉からもそれがわかります。
「あの人に後悔させるんだ。僕を裏切った事を、僕を見捨てた事を!」
ネガティブだぞ。
そういえばあずさは何処行ったんだ?

伊織の方はネーブラと心を通わせて絶好調。ネーブラに傷を付けると嫌われると思っていた頃が嘘のようです。
「傷つかなきゃいけないなら、一緒に傷つける!」
強いぞネーブラ、ヒエムスやエピメテウスを圧倒だ!

春香達はテンペスタースの共鳴でインベルを止めようとするも失敗。インベルは耳を塞がれた状態でした。これじゃあ春香の叫びはインベルに届かない。…と思ったら、春香のピンチにインベルは、千早のコックピットを射出してまで自由を取り戻して助けたのでした。哀れ千早。お約束でどん底ですね。

春香はインベルに愛の告白。
「私…あなたが…好きです!」
インベルは千早を捨てて春香を選んだ事だし、これで両思いですね。
「インベル…ずっと好きだったの…。」
ロボフェチもここに極まれり。

今月号のニュータイプに長井監督のコメントが載っていました。
「インベルはものすごく俗っぽい奴で、地球で初めて女の子の存在を知り、舞い上がっているといった感じです。」
それが真実だったのかよ!? 女の子を録画したり、女性だけが扱えるのはもっとSF的な理由があるのかと思ってました。秋葉原へメイドを求めてやってくる男達と大して変わらないじゃん。

前回のバットについての投票は、現時点では「ひぐらしのなく頃に」が第1位。何度も出てくる撲殺シーンはインパクトがありますよね。XENOGLOSSIAでは安原先生の撲殺バットもそうとうインパクトがありました。

今回のお題は愛の告白について。春香に見習って人間以外にでも有効です。
(注:投票は1回だけしかできません。投票後はこのページをリロードする度に最新の集計結果が表示されます。)

最新話の1週間無料配信は下記のサイトからどうぞ。
http://anime.nifty.com/idolmaster/

過去の関連記事は下記のカテゴリーからまとめて閲覧できます。
アイドルマスター XENOGLOSSIA

|

« 懐かしのアニメヒロイン:電子の妖精ホシノ・ルリ | トップページ | 『らき☆すた』萌MADアニメ特集!お笑いからちょいエロまで!? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ:アイドルマスター XENOGLOSSIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/16414553

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスター XENOGLOSSIA 第23話「RUN!」を観て:

» レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第23話「RUN!」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 35 / 萌え評価 11 / 燃え評価 22 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 37 / お色気評価 8 / 総合評価 23レビュー数 109 件 こんにちは、春香です。わたし、きめます! きめたんです! 乙女の決心! 大決心!! ガンバルぞ、おー! えー、それはさて置き、大スペクタクルです! 我らが首都・東京にiDOL大集結なのですよ。う〜ん、どのiDOLが一番カッコ良いかな〜!? ハイ? わかった、わかった? みなまで言うな!? えっと、伊織ち... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 20時26分

« 懐かしのアニメヒロイン:電子の妖精ホシノ・ルリ | トップページ | 『らき☆すた』萌MADアニメ特集!お笑いからちょいエロまで!? »