« 10月03日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム写真:その再生を破壊する! »

2008年10月 5日 (日)

劇場版「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」感想:未来へと続くレール

新電王、誕生!
そして
復活、栄光の七人ライダー!
六人のイマジン!

公開初日に観た劇場版「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」の感想です。一部、ネタバレを含みますので、視聴前の方はご注意ください。danger

劇場版 さらば仮面ライダー電王
公式劇場版予告

それはひとつの愛の悲劇だった。
時の狭間に取り残された幽囚の魂。
再び生を得るために憎悪の炎が良太郎を襲い、
新たな戦いのレールが
過去と未来を繋いで延びていく。
走れデンライナー! 跳べNEW電王!
今ここに万感の思いを込めて叫べ、
仮面ライダー電王、いざ さらば!
(パンフレットより)

まさかの仮面ライダー電王、三度目の映画化!
初めてこの映画の情報を知ったのは劇場版「仮面ライダーキバ 魔界城の王」のオマケ映像「「モモタロスのまっかっか城の王」を観ての事でした。改めて電王の人気の高さに驚かされると共に、一年間のTV放送という期間限定ヒーローの新たな可能性を感じさせてくれました。flair

まずは冒頭にイマジンあにめ「モモタロスよ永遠に-イマジン終着駅-」(フラッシュ風アニメ)が流れました。内容は、名作を2作・3作と続ける愚をイマジン達が面白可笑しく演じるストーリー。カワイらしさもオモシロさも、いつにも増してクライマックス級!happy01

そして本編。ファンイベント的なお祭り映画だった2作目「クライマックス刑事」と違い、ラストを飾るこの3作目の映画は電王の真の最終回に相応しい感動的な内容でした。movie

主役は人間よりもモモタロス達イマジンがメインという感じでした。今回はちゃんとジークも助っ人として登場(あまり役に立たなかったけど…)。イマジン達があの姿で江戸時代の長屋にすんなりとけ込むという、なんちゃって時代劇の感覚がファンタジーっぽくて面白い! 劇場版ゴーオンジャーもそうでしたが、最近の東映ヒーローは時代劇と相性がいいなぁ。
イマジン達を仕切るコハナも相変わらずでしたが、成長期だけにちょっとだけ大きくなった?virgo

意外な活躍を見せたのは時の列車のオーナー。デンバード無しでは動けないNEWデンライナーを体を張って走らせてくれました。すごい…。bicycle

「カウントは?」
「まず10、いや8でいい。」

NEW電王として、良太郎の孫だという野上幸太郎とその相棒イマジンのテディが登場! 初登場時の幸太郎は初期の侑斗のように嫌な奴だったけど、死郎に敗北し、挫折しても折れないその心の強さは確かに良太郎から受け継がれたもの。そんな幸太郎と、落ち込む彼の姿にかつての良太郎を重ね合わせて気にかけるモモタロスの心の交流が、物語前半の見所でした。heart02
「お前、やっぱり良太郎に似てるな。」
「弱いってこと?」

「どうした? 戦わないのか?」
「できるよな、良太郎!」

最後の戦いが始まり、良太郎の体に憑依して戦う仮面ライダー幽汽スカルフォーム(ゴーストイマジン)。予告編でも目にした幽汽の一撃で倒れそうになるモモタロスという衝撃のシーンが流れた時は、本当にモモタロスの最期かと思ってしまいました。何しろイマジンの象徴ともいえる白い砂を血のように吹き出したのですから。sandclock
そんな、体を張ったモモタロスの呼びかけに良太郎に意識が戻り、倒れゆくモモタロスの手を取るという、2人の絆を感じさせる感動のシーンが後半の見所。良太郎がゴーストイマジンを追い出し、モモタロスを憑依させた時には本当に感動しました。on
「俺、参上!」
幽汽の一撃のせいで、戦いの後にモモタロスが力尽きて死んでしまわないか、しばらく心配してその後の様子を見守っていたのですが…水を得た魚のようなソードフォーム(モモタロス)の戦いっぷりに心配は吹き飛んでしまいました。
久々の電王クライマックスフォームでゴーストイマジンを倒す姿に感激!note

終盤の見所は、侑斗も合流した仮面ライダー電王チームVS仮面ライダー幽汽ハイジャックフォーム(死郎)&イマジン軍団の決戦。ここでまさかの7人全員変身が実現!
電王ライナーフォーム(良太郎)、ソードフォーム(モモタロス)、ロッドフォーム(ウラタロス)、アックスフォーム(キンタロス)、ガンフォーム(ウラタロス)、ウイングフォーム(ジーク)、ゼロノス ゼロフォーム(侑斗&デネブ)。
復活、栄光の七人ライダー!
全員に活躍の場があり、その雄姿は感動ものです!happy02

「やろう、一緒に!」
ラストバトルは仮面ライダーNEW電王ストライクフォーム(幸太郎&テディ)&電王ライナーフォーム(良太郎)&ソードフォーム(モモタロス)VS仮面ライダー幽汽ハイジャックフォーム(死郎)の死闘!impact
電王3人がかりでやっと互角なのですから、幽汽(死郎)の強さは圧倒的です。彼の強さの源は愛するソラを生き返らせるという純愛が数百年をかけて狂っていった妄執。ソラ本人でさえ彼を止める事はできない。もはや倒す事でしか彼の狂気を止める事はできなかったのでしょう。死郎とソラの姿を消して走り去った幽霊列車は今も未来へは続かぬ路線をさまよっているのか…。train
「ソラ…俺は…」

戦いの後、象の代わりに現れたデンライナーを民衆が象だと思って拍手するシーンに爆笑。さすがはなんちゃって時代劇。時間の守護者としていいのかそれで!bullettrain
「良太郎の祖先って事かも?」
そんな中で愛理お姉ちゃんに似たお雪の運命の出会い(良太郎のご先祖様?)。それが現在の良太郎を経て、未来の孫の幸太郎へと続いていく…。時間を扱う作品のラストとして、素晴らしい締めくくりといえるでしょう。sign05
「ただいまジイちゃん。
それから…ありがとね。」

それはそうと、幸太郎がすねていた名前の裏事情。テディが未来での一般的な名前なら、確かに幸太郎ではね…。オーナーの表現はナイスで爆笑しました。coldsweats01

電王も本当にこれが最後。楽しい作品でした。happy01

余談ですが、今回の劇場版パンフレットには「復活、栄光の七人ライダー!」や「六人のイマジン!」の折り込みピンナップが付属。しかも、本編の全ストーリーが6ページのフィルムコミックとして描かれていました。売り切れる前に買っておきましょう。moneybag
また、入場者プレゼントとして8cm×8cm程度の大きさのマグネットステッカーをもらえました。私がもらったデザインはキンタロス版。先着順で無くなり次第 配布は終了でしょうから、早めに劇場へ行きましょう!dash

Saraba_denou1
▲パンフレット表紙と同デザインのチラシmemo
※クリックすると拡大できますsearch

Saraba_denou2
▲入場者プレゼントのマグネットステッカーpresent
キンタロス版
「ごみはゴミ箱へ!」

過去の類似記事

劇場版『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』
感想:コハナ最強伝説!?(ネタバレ有)

仮面ライダー電王&キバが夢の競演!?
今度は刑事でオレ、参上!

劇場版 仮面ライダーキバ&炎神戦隊ゴーオンジャー:
スピンオフネットムービー第1話感想

仮面ライダーキバ #5~#6感想:
斬鬼師匠はコーヒー狼男、キョンはコウモリでトリビアトーク!

仮面ライダーキバ 第1話「運命 ・ウェイクアップ!」
感想:ガブっと変身!

関連サイト

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

にほんブログ村 トラコミュ 仮面ライダー電王へ
仮面ライダー電王

|

« 10月03日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム写真:その再生を破壊する! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/42687360

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」感想:未来へと続くレール:

» さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン [MAGI☆の日記]
見てきた方のブログとか見たりすると誘惑には勝てず…さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウンを見てきました。前売りも買わなかったのでモーニングで見て少し値段は抑えた上でグッズはパンフ以外買わなかったので今回はお財布に優しくしておきました(笑)だって...... [続きを読む]

受信: 2008年10月 6日 (月) 20時58分

« 10月03日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム写真:その再生を破壊する! »