« お買い物記録:efメロCD&ひまり4&ひぐらしのアニメイト特典 | トップページ | うみねこのなく頃に:ベアトリーチェから届いたTIPS&図書カード(全員サービス) »

2008年11月 9日 (日)

映画「X-ファイル:真実を求めて」感想:あきらめるな…

THE X-FILES : I want to believe

映画「X-ファイル:真実を求めて」を観ての感想です。多少のネタバレを含みますので、未見の方は注意してください。danger

Xfile
▲映画のチラシ

THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE trailer
(『X-ファイル:真実を求めて』予告編)

※ムービーは予告無く削除される事がありますのでご了承下さい。

TVシリーズの最後が何だかうやむやのうちに終わった感じがあったので、「何で今頃?」と思いつつも、再び未知の世界へのワクワク感を期待して観にいきました。heart02
観たのは公開翌日の土曜日でしたが、X-ファイルのブームが過ぎてからの年月が長かったのか、あまり人は入っていなかったです。日曜日にはもっと入っているでしょうか?movie

内容は、前作の劇場版のような宇宙人がらみのSF、政府の陰謀、派手なSFXを期待して観るとがっかりするかもしれません。事件の規模としてはTVシリーズの1話完結エピソード程度で地味な感じでした。ちょっと期待はずれ。sweat01
X-ファイル的な不思議&怪奇設定としては、サイキック(遠視能力)で事件を知覚する元性犯罪者(少年対象)の神父、切断された多数の人体パーツ、臓器提供医療の陰に潜む人体実験、生ける生首など。宇宙人などは関わっていなく、全ては人間が引き起こした事件でした。shadow

注目すべきは、TVシリーズ終了後のモルダーとスカリーの生き方でしょう。FBIを離れ、スカリーは医者として、モルダーは引きこもりの探求者として、一緒に暮らしながらも別の道を歩いている。そんな彼らが一時的にでもFBIへの協力者(正確にはモルダーだけだが…)として捜査に加わるのはファンとしては嬉しいかぎりです。happy01
事件が混迷を深めるとモルダー&スカリーのコンビにも考え方の違いから亀裂が入っていきますが、そんな状況を克服して事件解決へと至るのもこのX-ファイルを楽しむ醍醐味ですね。ラストの助っ人として元上司のスキナーが駆け付けた事はファンサービスとしては上々でした。FBIで出世したんだな、スキナー。coldsweats01
この映画のテーマは「あきらめるな」。妹の行方と闇の中の真実をいまだに追い求めるモルダー。病に苦しむ患者を救おうと苦悩するスカリー。劇中ではこれは特に、スカリーへ向けての言葉でした。key
スカリーがラストで選んだ選択が間違っていたかどうかは語られていませんが、それはエンドロールの映像を観て観客が想像し、判断する事ですね。それにしてはちょっとX-ファイルのイメージと違う映像でしたが…。coldsweats01

この映画がX-ファイルTVシリーズの真の最終回となるのか、それともX-ファイル(モルダー&スカリーのコンビ)復活の起爆剤になるのかは反響次第のようですが、どちらにしてもX-ファイルの要素を継承した新しい作品の出現を期待しています。未知の世界を求めるワクワク感を再び…。heart02

「あきらめるな…」

過去の類似記事

劇場版「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」
感想:未来へと続くレール

劇場版『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』
感想:コハナ最強伝説!?(ネタバレ有)

「エヴァンゲリオン新劇場版:序」感想:怒濤のヤシマ作戦!

映画「トランスフォーマー」感想

関連サイト

映画「X-ファイル:真実を求めて」オフィシャルサイト

|

« お買い物記録:efメロCD&ひまり4&ひぐらしのアニメイト特典 | トップページ | うみねこのなく頃に:ベアトリーチェから届いたTIPS&図書カード(全員サービス) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/43057360

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「X-ファイル:真実を求めて」感想:あきらめるな…:

« お買い物記録:efメロCD&ひまり4&ひぐらしのアニメイト特典 | トップページ | うみねこのなく頃に:ベアトリーチェから届いたTIPS&図書カード(全員サービス) »