« 03月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月17日のココロ日記(BlogPet) »

2009年3月14日 (土)

機動戦士ガンダム00 2nd #22「未来のために」感想:生きるために、戦え…。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22「未来のために」の感想です。

Ccl090314

「斬り捨て御免!」
「白羽取りだと!?」

ダブルオー対スサノオの対決はリアルロボット戦では冗談のようなアクション。今更ながら、ガンダムはリアルロボットではなくスーパーロボットだなぁ。punch
スサノオの面が割れてフラッグのような顔が露出したのを見て、マスラオ・スサノオはフラッグ系統のMSだと改めて認識した。motorsports
「私を切り裂き、
その手に勝利をつかんでみせろ!」
「何故だ! 何故とどめをささん!」
「俺は…、生きる。
生きて明日をつかむ。それが、俺の戦いだ。」
「生きるために、戦え…。」

スサノオの面と一緒にグラハムもブシドーとしての意識の仮面を取り払ってくれたら嬉しいのですが…。刹那の言葉の意味はグラハムの心に届いたのかどうか…。sagittarius

補給で届いたオーガンダム。エクシアでさえ力不足の時代、もはや骨董品ではないのか? そしてこの機体には誰が乗るのか? 現状では余っているパイロットがいないんじゃないか? だとすると主力ガンダムが大破した場合の乗り換えかな?
予想&願望としてはオーガンダムと因縁のある刹那が、ダブルオー大破の後に、同じくオーガンダムと因縁のあるリボンズと決着をつけるために使用してほしいな。物語の発端であるオーガンダムと新旧マイスター。最終決戦の行方は如何に…。impact

「行くよ、僕の戦いをするために。
決めたんです。もう迷いません。」
「私も参加させてもらう。
私にも、そうするだけの理由がある。」
「そうだな、目的は違っても、
俺たちはあそこへ向かう理由がある。」
「そして、その想いは未来へ繋がっている。
俺たちは、未来のために戦うんだ。」
「イノベイターの支配から、人類を解放するために。」
「僕や、ソーマ・ピーリスのような存在が、
二度と現れない世界にするために。」
「連邦政府打倒が俺の任務だ。
イノベイターを狙い撃つ。そして…」
「俺たちは変わる。
変わらなければ、未来とは向き合えない。」

それぞれの目的は違えど、みんな未来のために戦い、変わろうとしている。バラバラだったそれぞれの想いが1つにまとまるこのシーンはいいですね。そして目的が達成された後には、オープニングのラストシーンのように、それぞれの未来へ向かって歩み出していくのか…。foot

「武士道とは、死ぬ事と見つけたり…。」
(生きるために戦え。)
「くぅ、武士道とは…。」

刹那の言葉が胸に突き刺さったブシドー・グラハム。彼は未来のために変わる事ができるのか、それともここで自ら終わるのか? ぜひ武士道ではなく、人道を身につけて復活して欲しいものです。そして愛のあるグラハム劇場の再開を期待しています。heart04

「あなたに、あげたくて…。」
「ありがとう、フェルト。」
「マリナさんに怒られるかな?」

刹那とフェルトが花の件で急接近。そういえばこの2人は前期の最終決戦前にも手紙の件でいい雰囲気になったっけ。歳も近いし、てっきりカップリングの可能性があると当時は思ったものです。その後時が流れて、カップリングは消滅したと思っていましたが、ここへきて再び再燃か? しかも刹那、フェルト、マリナの三角関係だと? フェルトのセリフは完全にそっち方面を意識してますよね。どうする刹那よ…。heart02

粒子攪乱で大ピンチのソレスタルビーイングに援軍として参戦するカタロン。そしてマネキン率いる決起部隊。flair
「我々は決起する。
悪政を行う連邦の傀儡となった
アロウズはもはや、軍隊ではない!
世界の行く末は、
市民の総意によってのみ決められるものだ。
我々は貴様らの蛮行を断罪し、
市民にその是非を問う!」

憂いを残して散ったセルゲイの想いをマネキンが引き継いでくれたかのようで、胸が熱くなります。ソレスタルビーイングとは相容れなくとも、未来のために変革した彼女は頼もしいですね。good
「不死身のコーラサワー、只今参上!」
何の思想もなくただマネキンの尻を追っかけていただけのコーラサワーも、ちゃっかり良いポジションにおさまっていて笑えました。作品のテーマとは独立した存在として変わらない男…。いや、マネキンに惚れた前期の時点で既に変わっていたのか? このまま最後まで不死身でいてね。coldsweats01

「残念だったね、リジェネ・レジェッタ。」
「リボンズ・アルマーク!」
「人類を導くのはこの僕、
リジェネ・レジェッタだ!」

あのリボンズがあっけなく射殺された! でもイノベイターの上位存在である彼が本当に死んだとは思えない。肉体は死んでも、その意識はリジェネや他のイノベイターの精神に潜んでいる可能性は高いのでは? 今度はリジェネの肉体がリボンズに乗っ取られたのか、 それともリボンズにはスペアの肉体が他にあるのか?
刹那が最後に対峙するのはリジェネ、それともリボンズ?danger

閃光の数だけ、命が消える!
まさか次回もメインキャラが死んでしまうのか?weep

MADアニメムービー紹介

※ムービーは予告無く削除される場合がありますのでご了承下さい。

MAD とらドラ!×力ナシ

【コードギアス】ギアスキャラで00ED【ガンダム00

刹那とグラハムの決闘を台無しにしてみた

▲刹那×グラハム…これは必見(必聴)ですよlovely

過去の関連記事

機動戦士ガンダム00 SS ED2 trust you CD紹介
&CLANNAD AS 卓上カレンダー紹介

機動戦士ガンダム00 2nd #21「革新の扉」感想:
自業自得で散った女達

機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」感想:
ねえ、あたしたち、わかり合えてたよね?

関連サイト

公式ガンダム情報ポータルサイト
「GUNDAM.INFO」- PRODUCTS -

機動戦士ガンダム00 [ダブルオー]

機動戦士ガンダム00 [ダブルオー] (MBS公式)

無料動画GyaO 「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」
セカンドシーズンを無料公開<パソコンテレビ GyaO [ギャオ]>

にほんブログ村 トラコミュ 機動戦士ガンダム00 2nd Seasonへ
機動戦士ガンダム00 2nd Season

|

« 03月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月17日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

ブログ妖精ココロ(BlogPet)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/44340221

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 2nd #22「未来のために」感想:生きるために、戦え…。:

» 機動戦士ガンダム00 2nd 第22話『未来のために』 [アマデウスの錯乱?]
機動戦士ガンダム00 2nd 第22話『未来のために』 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 15時55分

« 03月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月17日のココロ日記(BlogPet) »