« 樋上いたる画集『white clover ~Itaru Hinoue Art Works~』紹介 その他 | トップページ | 07月03日のココロ日記(BlogPet) »

2009年6月30日 (火)

2009年前半に紹介したお薦めの本

2009年前半にブログのサイドバーで紹介した本をまとめて再紹介します。これは私が購入した本の記録でもあります。book

灼眼のシャナ 18

著:高橋 弥七郎

この巻の半分以上が仮装舞踏会とフレイムヘイズ兵団の乱戦描写で、思い入れのないキャラばかりが活躍していましたが、後半はようやくシャナが完全復活! 懐かしい史上最悪のミステスも一時的に復活し、シャナと贄殿遮那、シャナとヴィルヘルミナの再会は感無量!それにしても、敵とはいえフェコルーには同情した…。weep

まぶらほ  ~じょなんの巻・よん~

著:築地 俊彦

「なんですかこんなところで、ふたりとも紫乃先生と浮気ですか!」夕菜の嫉妬の嵐が、和樹ではなく玖里子と凛に襲いかかる。 今回は短編ギャグが中心でしたが、いつもとは違うシチュエーションが多く楽しめました。coldsweats01

ゼロの使い魔 16
ド・オルニエールの安穏

著:ヤマグチ ノボル

「わたし、サイトにつりあう女の子かしら?」世の中のサイト人気に自分の有り様を思い悩み、浮き沈みが激しいルイズの心情が愛しい。そして最大の恋のライバルが再び…。それにしても、サイトとルイズのバカップルぶりは今回も笑えるにゃん! 終盤、最愛の少女と戦いの相棒の両方を失い倒れたサイト。次巻がすごく気になります。bearing

ラッキーチャンス! 5

著:有沢 まみず

月曜日に…(中略:気が向いたら追加)
日曜日に命を狙われぇ~、攻略ルートは二択ぅ。
ともだちよ これが私のぉ~、一週間の幸不幸ですぅ~。
テュリャテュリャテュリャ…。
ロシア民謡『一週間』を歌いたくなるような、雅人のアップダウンな7日間でした。最後の救いはやっぱり福の神キチ。表紙イラストのトトも今巻は特に積極的でクールキューティー!heart04

ゼロの使い魔 17
黎明の修道女〈スール〉

著:ヤマグチ ノボル

サイトが好きなのは……、わたしじゃない。大人気冒険ファンタジー、離ればなれになった才人とルイズの行く末は!?
(後日加筆修正予定)

「桃髪のー、綺麗なー、おーんなーのーこー、だーれかさんにー、つーれられーてー、いーちゃった〜」crying
落ち込む才人のキモさとは対照的に、ルイズの波瀾万丈な逃避行は刺激的。ジャネットやジョゼットとの出会いが今後どのような物語に発展していくのか楽しみです。ルイズとアンリエッタ女王の女同士の本音バトルは見物! この巻の才人は本当にいいとこ無いなぁ。女は強い!coldsweats02
(8/3加筆)

おまもりひまり 3
ドラマちっくフェスティバル

著:みかづき 紅月
原作・挿絵イラスト:的良 みらん

緋鞠と優人たちの日常に起こる、ちょっとHなハプニングを収録。漫画では描ききれない学校生活など、ファン必見の内容。
(後日加筆修正予定)

何?このフラグ立ちまくりのハーレム状態。今回は明確な敵キャラがいないだけに、いつものメンバー内での日常的な優人争奪戦がメイン。Hは特に胸に重点を置かれて描写されており、大きくても小さくても需要はあります。こんな生活一度でいいから体験してみたい! そんな中、緋鞠がたまに見せる意味ありげな様子が気になります。heart04
(7/29加筆)

white clover ~Itaru Hinoue Art works~
通常装丁版

『Key10thメモリアルフェス』にて販売され、完売した人気原画家・樋上いたるの画集「white clover ~Itaru Hinoue Art Works~」の一般販売版。Keyのゲーム関連のイラストをメインに編集されていました。clover
【紹介記事】

いとうのいぢ画集  ハルヒ主義

描き下ろしを含め、文庫、「ザ・スニーカー」ほか雑誌に掲載された「涼宮ハルヒ」のイラストを多数収録。art
【紹介記事】

過去の類似記事

2008年後半に紹介したお薦めの本

2008年前半に紹介したお薦めの本

2007年に紹介したお薦めの本

|

« 樋上いたる画集『white clover ~Itaru Hinoue Art Works~』紹介 その他 | トップページ | 07月03日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/45487755

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年前半に紹介したお薦めの本:

« 樋上いたる画集『white clover ~Itaru Hinoue Art Works~』紹介 その他 | トップページ | 07月03日のココロ日記(BlogPet) »