« SPACE BATTLESHIP ヤマト:感想「スペースオペラから純日本SFへ」 | トップページ | 2010年に紹介したお薦めの本 »

2010年12月29日 (水)

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE:感想「ライダー祭だった」

「お前の罪を数えろ…」

「タカ! クジャク! コンドル!」

遅くなりましたが映画公開日翌日に観た『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE』の感想です。多少のネタバレを含みますので、未見の方はご注意下さい。danger

さすがに公開2日目は100%に近い客入りでした。仮面ライダーはいまだに根強い人気作ですね。私は入場者プレゼントのガンバライドカードをもらうために早い時期に観ることにしました。eye

Krw
▲パンフレット表紙(仮面ライダーW)

Kro
▲パンフレット表紙(仮面ライダーオーズ)

仮面ライダー×仮面ライダー
オーズ&ダブル feat スカル MOVIE 大戦 CORE

「仮面ライダースカル メッセージ for ダブル」

鳴海荘吉=仮面ライダースカルが最高にカッコイイ!
ビギンズナイト回想での完成されたスカルもいいけど、まだ未熟な部分を残した今回のスカルも味わい深いです。shine

特に印象に残っているシーンは2つ。
1つはスカルが重機に押し潰されながらも幼い亜樹子からの電話に出るシーン。仕事に追われながらも家族を大切に思う戦うお父さんの哀愁が漂います。think
もう1つはスパイダードーパントに向かって「お前の罪を数えろ」と言う前に、まずは自分の罪を数えて自分の未熟さと対峙するシーン。相棒マツの心の闇に気がつけずに自らの手で倒さなければならなくなった苦悩が窺えます。翔太郎とはセリフの重みが違いますね。flair

今回の事件で、鳴海荘吉がなぜ娘の亜樹子と最期まで会わなかったのかという謎が解けました。愛するが故に会うことが出来ない…。ハードボイルドです。weep

それにしても亜樹子は、父親、結婚相手、仕事仲間と、身内が全て仮面ライダーというのはすごい環境だな。気の毒というか羨ましいというか…。coldsweats01

「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」

映司とノブナガの、欲望に対する考え方の違いが生む心のすれ違いが見所ですね。最初は同じパンツ一丁で始まった2人の友情が、欲望のベクトルに合わせて心も離れていくのは、現代社会における欲望の縮図でしょうか?clear

人間関係を映司とノブナガの2人に絞ったため、アンクがあまりストーリーに絡まなかったのはちょっと残念かな?paper

仮面ライダーバースのデザインって、明らかにガシャポンをモチーフにしていますよね。ガシャポン部分はちょっと微妙ですが、点灯時のつり上がった目やアタッチメントのギミックなどはなかなかカッコイイ。TV本編での活躍に期待。baseball

ところでプテラノドンヤミーの存在から察すると、これは恐竜系新グリード登場の伏線だったのかな? TV本編の展開は要注意!danger

余談ですが、クリスマス前にデパートでは多数のDXオーズドライバーを入荷していましたが、クリスマス後には完売していました。メダルに関しては、食玩もガシャポンも一度も入手する機会に恵まれません。食玩は売っている物を見たこともなく、ガシャポンは見つけた時にはいつも売り切れ状態です。不況でもオモチャは売れるんだなぁ。sweat01

「MOVIE大戦CORE」

一応各エピソードに伏線がはられていますが、あまりストーリー的な必然性は無いですね。ダブルとオーズを共闘させるというお祭りイベント的なエピソードです。gemini

一番の見せ場はやっぱりWの前作で出たサイクロンジョーカーゴールドエクストリームの活躍と、ここで初登場のタジャドルコンボの勇姿でしょう。動きが速くてじっくり見れなかったけど、鳥系の赤いコンボは一番かっこいいフォームじゃないでしょうか。ラストの隠し球なのでパンフレットにも情報が載っていないのが残念。TV本編ではいつ登場するのかな?note

ノブナガの後任のバースは後藤だったけど、TV本編では別人がバースとして登場。後藤くん残念。彼の欲望が満たされる日はくるのかな?japanesetea

ラストの予告映像によると『仮面ライダー』シリーズの40周年を祝う記念映画が企画されているようですね。Vシネマでは『仮面ライダーW RETURNS』としてアクセルとエターナルの物語がそれぞれ発売予定だそうでこちらも期待大。
2011年も仮面ライダーで大いに楽しめそうです。movie

入場者プレゼント劇場版オリジナル [ガンバライドカード]

Krw_gnb
▲仮面ライダーW:サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム

Kro_gnb
▲仮面ライダーオーズ:タカゴリバ

セブンイレブン一番くじ

1回500円のくじに3回チャレンジした成果です。

Cimg3178
▲グラス賞:タコカンドロイド

Cimg3182
▲ミニタオルセット賞(表):サゴーゾ コンボ

Cimg3183
▲ミニタオルセット賞(裏):サイメダル

Cimg3179
▲マスコット&レリーフキーホルダー賞:ラトラーター コンボ

Cimg3180
▲マスコット部分アップ:ラトラーター コンボ

ガシャポンその他

ガシャポンとコンビニで購入したDIGITAL GRADEのミニフィギュアです。

Cimg3174
▲仮面ライダーW:サイクロンジョーカー(コンビニ版)

Cimg3175
▲仮面ライダーオーズ:タトバ コンボ

Cimg3176
▲仮面ライダーオーズ:ラトラーター コンボ

Cimg3177
▲三体勢揃い

過去の関連記事

劇場版 仮面ライダーW(ダブル)『FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』感想

超・電王トリロジーEpisode Yellow『お宝DEエンド・パイレーツ』感想

超・電王トリロジーEpisode Blue『派遣イマジンはNEWトラル』感想

超・電王トリロジーEpisode Red『ゼロのスタートゥウィンクル』感想

仮面ライダーディケイドから仮面ライダーW(ダブル)へ…!?

関連サイト

公式サイト:仮面ライダー×仮面ライダー
オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE

仮面ライダー生誕40周年記念映画

仮面ライダーW(ダブル) RETURNS Official Site

にほんブログ村 トラコミュ 仮面ライダーオーズへ
仮面ライダーオーズ

|

« SPACE BATTLESHIP ヤマト:感想「スペースオペラから純日本SFへ」 | トップページ | 2010年に紹介したお薦めの本 »

グッズ・フィギュア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169052/50386565

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE:感想「ライダー祭だった」:

« SPACE BATTLESHIP ヤマト:感想「スペースオペラから純日本SFへ」 | トップページ | 2010年に紹介したお薦めの本 »