« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の2件の記事

2011年4月 5日 (火)

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー感想:「受け継がれる、正義を信じるバトン」

映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』を観ての感想です。なお、多少のネタバレを含みますので未見の方はご注意下さい。danger

Ozdoar1
▲映画チラシデザイン

レッツゴー仮面ライダー 予告
Let's Go Kamen Rider Trailer

仮面ライダー誕生40周年!
テレビシリーズ放送回数通算1000回達成!!

そんな記念すべき状況の中でのオールライダー総出演という事で、いつも通りのお祭企画的な映画かと思ったら、1号&2号の存在意義に焦点を当てる事で、仮面ライダーという正義の根幹に関わる物語になっていて興味深い内容だった。shine

1号&2号が本来のショッカー怪人として行動するか、ショッカーを裏切り正義のヒーローになるかでその後の日本の運命が大きく変わる分岐点になっている。その歴史が分岐する理由に電王のタイムトラベルを絡めたのはうまい構成だと思う。また、ライダー復活の逆転劇にもタイムトラベルが大きく関わっており、特にささきいさお演じる白衣の男(ショッカー科学者)の存在と素性に関しては重要性が高い。train

ただ電王が絡む映画を観る度に思うのだが、物語を作りやすくしたり電王の見せ場を作るために、TVシリーズと比べると電王の設定や制限がかなり都合良く変わってきているようだ。以前のデンライナーのオーナーなら「乗ってしまったものは仕方がない」などと言って映司やアンクの乗車を認めたりしないと思うし、当初の設定ではモモタロスだけで電王への単独変身はできなかっただろう。だが、ここは空気を読んでスルーすべき所。sweat01
ところで、アンクが右腕に寄生している体にモモタロスが左腕に憑依した状態は新しい見せ方で面白かった。paper

NEW電王が改変された歴史を元に戻して一件落着かと思ったら、ショッカーの方が一枚上手で大ピンチになる展開にはハラハラさせられた。すごい策士だブラック将軍!flair
昭和からのライダーファンにとって1号&2号は絶対的な存在なだけに、彼らの敗北を直に映像で見せつけられるとかなりショッキングに感じられる。ショッカーグリード強すぎ!chick
また、デンライナーの爆発とテディの死の真相は平成からのライダーファンにとっても衝撃的だっただろう。shock

現代に生きる子供達や昔の少年仮面ライダー隊の視点から仮面ライダーを見る事で、ライダー達のヒーロー性がよりアップしていたと思う。また、多くの年代の人々の声援の中で歴代のライダーが次々と復活するシーンでは、昭和からずっと仮面ライダーを見続けてきた自分自信もその場にいるような一体感が感じられて良かった。みんなの気持ちを代弁するオーナーはいいポジションだなぁ。ちなみに私は昭和ライダーではV3とブラック、平成ライダーではクウガとWがお気に入りだ。heart04

歴代ライダー復活後の戦闘はお祭映画特有の快進撃で楽しめた。特に1号&2号VSショッカーグリードの再戦は一度敗北しているだけに必須だっただろう。NEW電王はモモタロスからテディへ相棒の返却、オーズはイマジンメダルとショッカーメダルという超レアメダルを使ったタマシーコンボでのショッカー首領との戦闘と、それぞれに見せ場があって良かった。happy02
「仮面ライダー魂!」 heart02

それにしてもキカイダー、キカイダー01、イナズマン、ズバットなど、仮面ライダー以外のヒーローも登場したのには驚いた。今回は1号&2号&V3(ズバット含む)だけでなく、敵側の幹部や総統も可能な限りオリジナルキャストが声を当てており、お祭映画としても上出来だ。movie

首領撃破後に巨大なキングダークが現れた時には、またJが巨大化するのかと思ったら、背後の山の爆発と共に更に巨大な岩石総統が登場して度肝を抜かされた。キングダークは単なる大きさ比較だったのね。あまりの巨大さに倒すのは不可能だろうと思ったら、全ライダーマシンによる40周年合同攻撃で割とあっさり倒せてしまったのにはちょっと拍子抜けした。これはまぁお祭だとして……。coldsweats01

映画全体としてみると、自分も正義を信じる心を次の世代へとバトンを渡す一員だと感じられる、ライダーファンにとって記念すべき作品だったと思う。birthday

先月の震災と津波では石ノ森萬画館の被害は周囲の惨状に比べれば軽微で、一時避難所としても幾つかの命を救ったという。入り口の仮面ライダー変身ポーズの看板も津波に負けずに健在だった。これからの復興に仮面ライダーの不屈の魂を反映させて欲しいと願う。今はそれどころでないだろうが、被害にあった子供達にもこの映画を観せてあげたいものだ。weep
(震災の影響でスーパー戦隊の映画が公開延期になったのは残念!)

Ozdoar2
▲入場者プレゼント:ガンバライドカード(表・裏)
仮面ライダーオーズ タトバ コンボ(タトバキック)foot
人造人間キカイダー(デンジ・エンド)thunder

Ozdoar3
▲パンフレット(表紙)

Ozdoar4
▲パンフレット(裏表紙)
イナズマン&キカイダー01&キカイダー&ズバット

Ozdoar5
▲『仮面ライダー』ぴあ 公式写真集&40周年記念本
全主役ライダーの基本フォームをライティングや合成を駆使して格好良く描写してあります。また、一部のライダーマシンもディティールまでアップして撮影。camera
付録は綴込ピンナップ、変身ベルトステッカー、ガンバライド2枚。present

Ozdoar6a
▲『仮面ライダー』ぴあ 仮面ライダー電王&1号のページ

Ozdoar6b
▲『仮面ライダー』ぴあ 仮面ライダーNEW電王のページ

Ozdoar7
▲『仮面ライダー』ぴあ付録ガンバライドカード(表)
仮面ライダーオーズ タトバ コンボ(タトバキック)&
仮面ライダー新1号(ライダーキック)foot

Ozdoar8
▲『仮面ライダー』ぴあ付録ガンバライドカード(裏)

過去の類似記事

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕:
感想「諦めない心」

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル
MOVIE 大戦 CORE:感想「ライダー祭だった」

劇場版 仮面ライダーW(ダブル)『FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』感想

超・電王トリロジーEpisode Yellow『お宝DEエンド・パイレーツ』感想

超・電王トリロジーEpisode Blue『派遣イマジンはNEWトラル』感想

超・電王トリロジーEpisode Red『ゼロのスタートゥウィンクル』感想

関連サイト

オーズ・電王・オールライダー 
レッツゴー仮面ライダー オフィシャルサイト

ゴーカイジャー ゴセイジャー
スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 公式サイト

にほんブログ村 トラコミュ 仮面ライダーオーズへ
仮面ライダーオーズ
にほんブログ村 トラコミュ 仮面ライダー電王へ
仮面ライダー電王

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 2 (限定版)特典紹介

アニメイトで『魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 2 (限定版)』とアニメイト特製1巻&2巻収納BOX(有償)を購入したので紹介します。book

魔法少女リリカルなのはMOVIE1st
THE COMICS 2 (限定版)

アナザーストーリーのため、1巻では劇場版との違和感が大きかった印象ですが、この第2巻ではなのはVSフェイトの全力全開バトルと心情にスポットが当てられ、劇場版と同様に感動できました。happy02

Nnhm1
▲限定版表紙

Nnhm1a
▲通常版表紙

Nnhm1b
▲メガミマガジン 2011年 05月号 綴込付録:かけかえカバー
それぞれのパートナー、アルフとユーノのコスプレですね。

Nnhm1c
▲限定版特典『なのはStrikerS』読み切り漫画表紙
戦技披露会でのなのはVSシグナムの模擬戦闘が楽しめます。開始後20分までの戦闘はちゃんと教材になる内容ですね。ラストの3分はお互いに本気モード!impact

アニメイト特製1巻&2巻収納BOX(有償)

2巻と同時購入で入手できるBOXです。

Nnhm1d
▲BOXイラストその1

Nnhm1e
▲BOXイラストその2

過去の関連記事

リリカルなのはVivid(3)&Force(3)限定版:
ヴィヴィオ&なのは ねんどろいどぷち紹介

劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
アニメイト特装限定版:特典紹介写真

ねんどろいどぷちリリカルなのは:
3度目でシークレット!何という確率!

関連サイト

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 公式サイト

にほんブログ村 トラコミュ 魔法少女リリカルなのはへ
魔法少女リリカルなのは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »